まつげが伸びる!美容液 リヴァイタラッシュ 体験記

2007年08月01日

読者さまから☆目の周囲が赤くなりました >_<

ひらめきこんな質問を頂きましたひらめき


はじめまして。

私もRevitalash、2日前から使用し出しました!
2日目にして、既に少し伸びつつあります☆

…ところが目の周囲が赤くなってしまいました。

これは使用を中止した方がいいのでしょうかぁ?

安価な物でもないので、ん〜もう少し様子を見ようかな、
と思っているのですが。

CKさんはこのような事はなかったですかぁ?
大変お忙しいと思いますが、
お時間があればよかったらご返事下さい♪

Lilyさんよりメール



お問い合わせをありがとうございます。

目の周りは非常にデリケートな部分ですから、
人によってそれぞれの使用感や反応があると思います。

私なりの個人的な見解ですが、
以下の通りお返事させていただきました。
ご参考になれば幸いです。


Lilyさん、はじめまして。

2日目にして実感ありですか!?
それはちょっとすごいです。
私は3週間目くらいに、あらら?
これって伸びてるんじゃ?と感じました。

で、かゆみ、赤みですが、

私も目の周りは敏感なほうなんですけれど、
これに関しては大丈夫でした。

もともと目薬に使われていた成分を、
加工したものらしいんですね。
副腎皮質ホルモンなども入っていないと確認しています。

Revitalashのせいかどうかはわかりませんが、
今、かゆみ、赤みがでているなら、ちょっとだけお休みしてみては。

季節の変わり目には、ありがちな現象です。
特に目元はストレスやホルモンバランスが狂うことで、
かぶれやすいですよね。

そして、かゆみや赤みが治まり、
肌の状態も悪くなさそうでしたら、
再開してはいかがでしょう。

そのときも連続して使うのではなく、
3日おき、2日おきで使いながら、
様子を見られることをお勧めします。

さっとひと刷毛で十分効果がありますよ。
私など、ずぼらで数日忘れちゃったことも実はあるのですが、
しっかり伸びてくれました。

高価ですし、もったいないですからね。
大切になが〜〜〜〜く使いましょ♪

また様子を聞かせて下さいね!
お大事に^o^



使用上の注意事項では、やはり異常が感じられたら
すぐに使用を停止どんっ(衝撃)して、薬局や医師に相談するよう、
書かれています。

個人的な使用感では、刺激は非常に少ないと思いますが、
やはり初めての化粧品を肌上で実験しているわけですから、

ご自身の肌の声にはちゃんと耳を傾けて、
様子を見てやさしく対応してあげてくださいね。


あくまでも個人的な見解でよろしければ、
お答えできることにはお返事します。
下記、メールフォームからどうぞるんるん

MAILメール

RevitaLash(リヴァイタラッシュ)について

と必ず表題に記載してください。
また、頂いたお問い合わせはブログに転記させていただくことも
ございます。
掲載付加の場合は、メールにその旨お書き添えください。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif



posted by CK at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

まつげ美容液で失明するって!?


2008年2月28日(木)

朝刊に書かれていた、週刊誌の見出しに仰天しましたダッシュ(走り出すさま)


【女性セブン 3月13日号】

 君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令



ちょっと記事を見ないと何とも言えませんので、
後で雑誌を買って読んでから、改めて書きますが、


このブログにも

「リヴァイタラッシュ」「失明」

の言葉の組み合わせで検索エンジンから多数のアクセスがあります。


どの商品の、何の成分に問題があったかなど、
現在、私も調べきれていませんので、
雑誌の記事を読んでからもう一度書きますね。


いずれにしても心配な記事。


ちなみに、私は2007年8月から現在まで、
リヴァイタラッシュを2本使用して半年以上経過していますが、


今のところ視力に異常が出ている様子はありませんよわーい(嬉しい顔)


特に問題なく、まつげだけはばっさばっさと
いい感じに長くなっています。


ばらつきも少々ありますが・・・


それでは記事を読んでまたレポートをUpします。
取り急ぎの記事で、申し訳ありません。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif

posted by CK at 17:02| Comment(0) | TrackBack(3) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性セブン☆『君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令』の記事を読みました!


seven 001.JPG

seven 002.JPG


このタイトル、ビビりますよね〜。

はっきり商品名を書いてくれたらいいのに。

君島十和子さんも、名前を使われてお気の毒です。

しかし、ものがものだけに気になって

本買いに走ってしまいましたダッシュ(走り出すさま)


週刊誌の販売戦略の邪魔をするつもりはありませんが、

今朝から情報を求めて、多くの方が「まつげ美容液」「失明」
で検索されて、こちらのブログにお越しになっているので、

必要と思われるポイントを書き出してみます。


まず、

ひらめき問題となっている商品名は

『Age Intervention Eyelash』


ひらめき製造元は

『ジャン・マリーニ・スキン・リサーチ社』

(米国カリフォルニア州サンノゼ)


ひらめき問題になっている物質は

『Bimatoprost』


ひらめきFDA(食品医薬品局)が、この商品の回収を命じた理由

・『Age Intervention Eyelash』が未承認の不正表示の薬品であること

・含有物質の中には、眼圧を下げる作用のあるものが含まれていて、処方薬ヒントの飲み合わせにより、視神経を損傷するリスクが高まる可能性があること




要するに、アメリカで、日本の厚生労働省のような立場にある機関が、認可していない薬品をあたかも承認されているような表示で販売していた偽装を、是正したという点がひとつ。


もう一点が、緑内障を治療中の人が使用すると、
薬の相互作用によって、視力障害の危険が増すことがわかったので、中止を命じたというわけです。


今のところ、『Age Intervention Eyelash』を含め、
いわゆるまつげ美容液で失明した例は
報告されていないとのことです。


おいおい。
タイトルを見ただけでは、すでに失明者が出たようだよ。

みんなビビるではないかふらふら



そこで、今手元にある「Revitalash」を確認してみましたが、
成分表に、『Bimatoprost』はありませんでした。


まあ、それでRevitalash(リヴァイタラッシュ)が
完全にシロとか、安全とか、私にはいうことはできません。


ご使用を続けるにしろ、やめるにしろ、
ご自身が購入されたサロンと相談されるなどして、
ご自身で判断していただきたいと思います。


私の見解は、昨日の日記にも書きましたが、
現在、2本目を使っていて、使用開始から6カ月を経過していますが、

今のところ、視力や目、まぶたなどに、
特に違和感や異常らしきものは感じられません。


まつげのターンオーバーも一通り経過したようで、
若干ばらつきはあるものの、また伸びて濃くなっています。


念のため書き添えますと、


私が使用しているのは、ハワイの信頼できるサロンから、
信頼できる友人に直接買ってもらって、
飛行機でdoor to doorで届けてもらった商品であり、


安価でネット販売されているものではありません。


個別にお問い合わせをいただいた中には
ネットで輸入業者さんから求めたものが、

『Revitalash MD』ではなく、『Revitalash』(旧タイプ)であり、

しかも安全シールが貼られていなかったが大丈夫だろうか、
というご相談がありました。(2007年11月購入の方より)


今、旧タイプを使用されている方は、
使用を中止された方が良いかもしれません。


なぜなら、旧タイプはすでに販売を中止したものであり、
それにはそれなりの理由があったから改良したのであり、
信頼できるサロンでは、取り扱いをとうの昔に
止めているものだからです。


今安価に出回っているものの中に旧タイプがあるとしたら、
それは、危険性は高いと思われます。


私にこのリヴァイタラッシュを勧めてくれた友人は、
当初からの使用者ですので、旧タイプも使っていた人ですが、


「みんな、旧タイプの方が利き目があるのに・・・、と
 改良版より昔のタイプを欲しがる人もいたのは事実。
 成分に、目薬と組み合わせると視力障害が起きる可能性が
 あるものが含まれている、ということで改良されたんだから、
 MDタイプは安全よ。」



と、この問題が起きるはるか以前に、
サロンに確認をとって教えてくれました。
(2007年の9月頃だったと記憶しています)


一応、2008年2月29日現在、私が分かっていることを
記してみました。


皆さんのご心配のお答えに、少しでもなっていれば
幸いです。


追記:2008年4月現在の情報です。

現場での流通は、2008年1月より順次新製品「Revitalash マルR」に代わっているようです。

そのため、1月〜3月まで、商品がハワイでも手に入りにくい状況になっていた様子。

特徴は、パッケージが RevitalashMDの表記から、

「Revitalash マルR(←スミマセン 商品名の右上部に小さく丸で囲んだRの表記、という意味です)」

に変更されていることと、

MDの時はボトルのボディとキャップの間に、Safty Sealと書かれた楕円形のシールが貼られていたものが、

最新版は、ボディ全体がシュリンク(透明なシールでおおわれている)されている状態で、ケースに収められています。

成分も一部変更になっています。
これは詳細を調べてまたレポートしますね。

取り急ぎ第一報ということで。





人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif


















posted by CK at 23:41| Comment(16) | TrackBack(3) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

まつげ美容液で失明する?回収命令の記事を読んで。

temp 003.JPG


これが、まつげ美容液を愛用している我々を震撼させた、

【女性セブン 3月13日号】

 君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令


の記事でございます。。。


この前の記事に、たくさんの方からコメントや個人的な質問メールを
頂きました。

ご覧いただき、参考にしていただいてありがとうございます。


さて、いただいたメールの中に、

『リヴァイタラッシュを並行輸入販売しているのではないか?』

『失明の可能性がある成分が明記されていなくても、微量の場合は記載しなくてもよいルールがアメリカにはある。微量でも入っているかもしれないし、そうだとしたら失明の可能性があるのだから、使って安全と思わせるような書き方をするのはいかがなものか?』


という内容の匿名メールがございました。

その方に返信したメールの内容を、こちらにも記載したいと思います。


***ここから***


お問い合わせをありがとうございます。

当BLOG「まつげが伸びる!美容液リヴァイタラッシュ体験記」は、あくまでもまつ毛コンプレックスがあった、私本人が使用して感じたことを、体験記録としてまとめて公開しているサイトです。

私は、revitalashの一ユーザーであり、輸入代理店や並行輸入業者とは一切関係がありません。
ハワイに住む友人が日本に帰国する際に、お土産として買ってきてもらって使っています。


今回の週刊誌の見出しには、ユーザーとして大変驚かされ、すぐに雑誌を買い求め、書かれているポイントをブログに記事としてUpいたしました。

同じ不安を持つ人が多数いらっしゃるだろうと、予想されたからです。


週刊誌の記事を読み、ネットでいろいろなサイトに書かれている記事を読みましたが、私自身、その中で初めて知ることが多かったことは事実です。

これだけたくさんのまつ毛の育毛美容液が存在することにも驚きました。

アメリカの薬事法上、化粧品の申請に関しては、多い物質の表示のみで全ての成分を表示しなくても良いとされていることから、リヴァイタラッシュの成分表に書かれていないから大丈夫、ということがないことは理解できます。

ただ、この点につきましては、すでに初代リヴァイタラッシュから改良が加えられたMD(現行)版が、安全性を高めたものであるとの説明を受けております。


私はハワイ在住の友人を通じてこのコスメに出会い、まつ毛が長く豊かになり、あきらめていた目ヂカラUpが可能になったことを、とても嬉しく思っています。

年を重ねてくると、どうしてもまつ毛は弱く少なくなってきてしまいます。
同世代の友人が実践して見せてくれた豊かな自まつ毛に感動しました。私たち世代には特に、このコスメは朗報でした。


ブログには、6カ月間、2本目を使用中で、今のところ違和感や異常を感じてはいない、という実体験のみ記載しています。

ご覧いただいた方に、あとはご判断いただきたいと思っております。
積極的に購入を誘導するつもりはありませんし、ブログもそのような目的で立ち上げたものではありません。


私自身、失明までしてまつ毛を伸ばそうとは思いませんので、今後の使用については、アメリカでの販売状況や今後のメーカー発表を待ち、検討したいと思っています。

決して、リバイタラッシュは指摘された商品と違うから安全です、使いましょう、と奨励しているのではないことを、ご理解いただきたくよろしくお願いいたします。


これからも、表現上問題があるとお感じになられましたら、ご遠慮なくご指摘くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。


***ここまで***



ご使用を続けるかどうか考えていらっしゃる方、
新たに購入しようと検討されている方、

口コミ情報として、当サイトを御参考に検討していただくのは
WELCOMEでするんるん

でもね、最終的には、今回判明したリスクなどを考慮した上で、ご自身で判断して下さいね。
これは、化粧品をはじめ、自分の体に入れるもの、使うもの全般に言えることでもあります。


皆様のご参考になれば幸いです。




人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif












posted by CK at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

まつ毛美容液☆ジャンマリーニの『AIE』のこと

AIE.jpg


【女性セブン 3月13日号】

 君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令



の記事で、FDA(米国食品医薬品局)が回収命令を出したのは、

ジャンマリーニ・スキンリサーチ社が製造した

『Age Intervention Eyelash』

だったのですが、


ジャンマリーニ製品を使われている Cloeさん が、

詳細にわたって調べてレポートしてくださいました。


『Age Intervention Eyelash』

『Age Intervention Eyelash Conditioner』


など、ジャンマリーニ製品を御使用、ご検討中の方は、

ぜひこちらのサイトを御一読ください。


Chloeのハナシ
http://blog.chloe-beauty.com/?eid=682279


・ジャンマリーニ・スキンリサーチ社のリリース情報

・Cloeさんが直接ジャンマリーニ社にメールで直接問い合わせをして得た回答

・FDAのリリース解説



など、おそらくいろいろと不安でいらっしゃる方が
求めている情報が書かれています。


リバイタラッシュのことしかわかりませんでしたので、
私も大変参考になりました。


Cloeさんも記事内で書かれていますが

いずれにしても肌に直接つけるもの。

そして効果があるということはそれだけ何らかの作用を
肌に、人体に及ぼすということです。

その反応は人によって異なりますし、
使用感も異なると思います。

また、いずれも日本ではまだ未認可の化粧品です。
ご自身で判断され、あくまでもご自己の責任において、
使用、あるいは廃棄なさってくださいね。


Beauty&Relaxation Chloe [クロエ]さんは、
浅草駅近くで、アイラッシュ(エクステンション,まつげカール)&
パーマネントメイク(アートメイク)のプライベート・ホームサロン
を、運営されています。


Chloeのハナシ
http://blog.chloe-beauty.com/?eid=682279







posted by CK at 10:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。