まつげが伸びる!美容液 リヴァイタラッシュ 体験記

2008年06月09日

Revitalashどこで買える?


はせっこさまから、お問合せをいただきました!


========================================================
【 NAME 】 はせっこ
【 MAIL 】 リバイタラッシュについて
【 MESSAGE/YOUR RECOMEND INFO. 】
素晴らしいブログですね。リバイタラッシュ購入に
参考にさせて頂きました。現在使用して約10日。
少しずつ下の睫に効果が出て来ているように感じています。
ところで友人がアメリカ出張に行くので、買って来て
もらおうと思うのですが、向こうではどのような所に
売っているのかUAyumiさんに聞いて貰えないでしょうか
仲介をお願いして申し訳ありません。
この内容はブログに掲載して頂いて構いません。

========================================================


はせっこさん、ご覧いただきましてありがとうございます。

オアフにはこれから私も出掛けるところなのですが、
フェイシャルやアンチエイジング、エステなどの専門サロンや
サプリの専門店として有名なネオ・プラザで購入が可能です。


アメリカ本土の場合はどうなのでしょうか。

州にもよるのではと思いますが、UAyumiさん、ご覧いただいていましたら、ご指名入っておりますので(^o^)ぜひどこに行けば本土では手に入るのか、コメント欄からお知らせいただければ幸いです♪


ご存知の方も是非情報をお寄せ下さいませ。
よろしくお願いします。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif



posted by CK at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

まつ毛美容液について頂いたコメントをシェアします。


アメリカ在住のUAyumiさんから、
コメントをいただきました。

了解をいただきましたので、記事として皆さんにも
ご覧いただきたいと思います。

耳寄りな情報もありますよ〜 わーい(嬉しい顔)



こんにちはアメリカ、LAに住んでいるものです。

最近、「失明」の危険があるとある週刊誌(xxセブン)で騒がれたまつ毛美容液があった事を知りました。

Age Intervention EyelashRevitalashですよね。

私なりにリサーチしました。

問題になった成分の「Bimatoprost」ですが、もともとは、緑内障の患者さんに使用される目薬に入っているものです。

その成分の副作用(もしかしたらあるかもって感じでのです。日本のごく一般的なかぜ薬とかにも一応副作用の注意がのってますよね。)の説明で「緑内障の治療で目薬を使っている人が、その目薬と同じような成分の入っている物を治療と同時期に目に使用すれば、目薬の治療効果がうすれ失明する可能性がある」との事でした。

だから、

まつ毛の美容液を使う=失明という事ではない

のです。

もちろん、FDAでは本当に問題になってましたが、その問題になった理由というのは、「失明する、しない」という事ではなくて

「目薬に使われている医療用の成分が化粧品の中に入っている」という問題が大きかった

ようです。

簡単に説明するとアメリカで一般的に化粧品を販売するのには、FDAの認可はいりません。(でも、もちろんFDAで禁止されている危険な成分は使えません。)

しかし、医薬品や医薬化粧品というのは、FDAの許可がいるのです。

だから、今回のことでもそのまつ毛美容液が「薬を作る成分を使っている化粧品」という事でFDAの目に止まったという事だと思います。

噂によるとその緑内障の目薬を開発した製薬会社は、特許権侵害でジャンマリーニを訴えるかもとの事です。(さすが訴訟したもんが勝ちのアメリカ社会です。)

そしてまた面白いことにその製薬会社も自分の目薬成分に含まれている「Bimatoprost」を研究し自分たちでもまつ毛の美容液を開発しようとしているといううわさも。

その会社の名前は、「Allergan」といって目薬の名前は「Lumigan」(ルミガン)だからまつ毛美容液の名前は

「Lumilash」(ルミラッシュ)

となるそうです。
ほんとにマーケットにでてきたらお知らせします。

そして、RevitaLashなんですが、調べたら中国の会社が作っているようですが、彼らも商品を回収したようです。

今、アメリカでは、Age Intervention Eyelash、RevitaLashとほぼ同じ働きをするまつ毛美容液で「Bimatoprost」を含まない商品がデパートで発売され大反響だったようです。

今度、その商品のアジア人向けが発売されるという事で私の友達がモニターになったんですが「毎日、鏡をみるのが楽しい」とすごく喜んでます。

一応、その商品を売っているサイトを紹介します。
http://gi-magika.shop-pro.jp/

です。また私なりにリサーチして新しい情報があったらお知らせしますね。

Posted by UAyumi at 2008年04月16日 00:21



UAyumiさん、どうもありがとう!

Revitalashも今年に入って、また改良商品に変わりましたね!

なるほど、そういう事情があったのか。

勉強になりました。

新製品も、眼薬メーカー開発のルミラッシュ(!?)も、
なかなか気になるところです。

またぜひ詳細速報をよろしくお願いいたします m(__)m


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif


posted by CK at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

RevitaLash その効果


どんな効果があるのでしょう?



リバイタラッシュは、どのようなタイプのまつげであっても
効果を発揮します。

・ぐんぐん伸びて長いまつげになります

・まつ毛が増えます

・まつげ自体がしっかりと太く丈夫になります


使用開始から約3週間程度で、ほとんどの人が、
目に見えた効果が現れます。

60日間使用すればたいていの人のまつげが、
長く、太く、濃くなります。

たまに、ひときわ生育の良いまつげが現れることがあります。

ビューラーで上げただけで、しっかりとカールが長持ちするようになります。

繊維入りマスカラを併用することで、
しっとりと長く、美しいまつげを作り上げることができ、
目ヂカラがぐ〜〜〜んとUPグッド(上向き矢印)します。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif




posted by CK at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RevitaLashその効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

RevitaLash 開発秘話


RevitaLashが開発された理由



この“リヴァイタラッシュ”は、
医師 マイケル・ブリンケンホフが乳がん治療の
彼の妻ゲイルのために研究、開発された製品が
原点になっています。

乳がんを克服するために、ゲイル女史は強力な化学治療を受けました。

この抗がん剤との戦いにより、彼女は命と引き換えに、
美しいまつ毛を失いました。
彼女のまつげはとても細く、弱く、薄くなってしまったのです。

夫であるDr.マイケル・ブリンケンホフは、
25年の眼科医としての経験と知識から、
ある薬剤成分がまつげを育成する可能性があることに
気づきました。


そこで彼は研究を重ねた結果、
“リヴァイタラッシュ”の開発に成功。


とうとう妻のまつ毛を、以前のように長くふさふさとした
魅力的なまつ毛へ戻すことができたのでした。

そのことが評判となり、現在では長く豊かなまつげを
作れると、世界中の女性がこのRevitaLashで
まつ毛の悩みを解決しています。

私もその中の一人です手(チョキ)


人気ブログランキング参加中です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif

2008年03月12日

RevitaLash 使用方法


RevitaLashの使い方



使い方はとっても簡単ですわーい(嬉しい顔)

就寝前に、まつげのキワにアイライナーを引くような要領で、
リバイタラッシュをさっと塗るだけ。

matsugeline.jpg

これだけexclamation×2です。

リバイタラッシュは、リキッドタイプのアイライナー
のような形状です。

美容液自体は無色透明、無臭です。

ただし、洗顔後のきれいで乾いている状態の肌に
使用してください。

そして、一日一回の使用を守ること。
軽くひと塗りで十分です。

個人的な体験から申し上げると、

(ずぼらでなかなか新しいことが習慣づかない
私の性格ゆえに。。。)

一日おきの使用でも、3週間でしっかり効果が現れましたるんるん

ホントに少量で十分。
できるだけ長持ちさせたいですから、
無駄に使わないよう、ご注意くださいね。

その他、使用上の注意事項がたくさん書かれていますので、コレは別記事にてUPします。

ぜひご一読ください。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif



posted by CK at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | RevitaLashの使用方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

RevitaLash 使用上の注意事項


ひらめき使用上の注意ですひらめき


・使用前に、安全シールがきちんと貼られていたか確認してください。

・一日1回、就寝前に使用してください。それ以上は使わないこと。

・洗顔後、よく乾かした清潔な肌に使用してください。

・目の中に入れてはいけません。

・充血や異物感を感じたら、使用を中止し、薬局に相談してください。

・動いている乗り物の中で使用してはいけません。

・いつもリバイタラッシュを清潔に保つよう、以下の点に注意してください。
 1. 他人とシェアしてはいけません
 2. 水や唾液、その他のもので薄めたりしてはいけません
 3. 子供の手の届かないところに置いてください
 4. 使用後はキャップをきちんと閉めること

・目や、目の周りが痒くなったり、傷ついたりしたら、すぐにリヴァイタラッシュを含むすべてのアイコスメの使用を中止し、かかりつけの眼科医に相談してください。

・RevitaLashはあらゆる状況を想定してテストされているわけではありませんので、以下に該当する方は、使用をお控えいただくことをお勧めします。
 1. 妊娠中の方
 2. 授乳期中の方
 3. ガンをはじめとした病気で化学的治療中の方
 4. 18歳以下の方
 5. まつげ等にカラーリングをしている方
 6. 使用することが心配な方

・この商品は、髪の毛の諸問題を解決するものではありません。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif







posted by CK at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 使用上の注意事項 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

たび重なる『まつげのエクステ要注意』の報道&カラーコンタクトも危険!



ekusute.jpg


今朝、毎日新聞を読んでいたらいきなり大見出しが目に飛び込んできました。



『まつ毛エクステ 要注意 接着剤で目、まぶたに炎症』



http://mainichi.jp/life/fashion/news/20080403ddm013100017000c.html
(掲載期間が過ぎるとリンクは無効になります)


今更、またこの記事なの・・・


という感じがしましたが、全国紙の朝刊に大きく取り上げられるような
注意が必要な事態になっているという現実もあるわけで、


まつ毛を伸ばしたい、目をくっきりぱっちり見せたい人にとって、気軽に短時間の施術で効果てきめんな、まつげのエクステ人気の高さの裏返しとしての、トラブル急増という側面は否定できません。


このベースとなっているのが、消費者センターに寄せられた
苦情、相談、報告で、2007年度には前年度の倍に急増し、
症状としては接着剤が原因の角膜炎や、ドライアイ、
まぶたの痛み、まつ毛の損傷などがあるそうです。


都の生活安全課によると、


『ほとんどの原因が接着剤のようだ』

と、指摘。


消費者に対し▽接着剤にアレルギーを起こす成分が含まれていないか施術者に確認する▽接着剤が目に入った場合はすぐに洗眼し、医師の診断を受ける▽施設の衛生管理が行き届き、技術力のある施術者がいる店舗を選ぶ−−などとアドバイスし、業界団体にも要望した。


とあります。


ちなみに要望された業界団体の一つである、

日本ロングアイラッシュ協会

http://www.long-eyelash.jp/

では、トラブル相談を受け付けるとともに、Q&Aで基本的な
施術の方法や心構えなどを掲載して、エクステンションを検討している人へ、事前に注意すべき点などをアドバイスしています。


協会認定の全国のまつ毛エクステサロンなども検索できるようになっています。


通信講座や通信販売の案内もありましたけど・・・^^ゞ



また、

エクステンションを施術する側。
つまり技術者ベースで構成されている任意団体の、

日本睫毛エクステンション協会

http://jl-matuge.com/


でも、まつ毛エクステンション相談室や、技術認定サロンの紹介などを
してくれています。



まつげを豊かに美しく、目ヂカラをUpさせたいと思っている
女性には、なかなか心配なニュースが続きますねたらーっ(汗)


ちなみに、まつ毛のエクステンションとは、


”シルクやナイロン製の人工毛(エクステンション)を、専用の接着剤で自分のまつ毛に1本ずつけていくもので、従来の人工まつ毛が束になった「つけまつ毛」よりも自然に見え、思い思いにボリュームアップできることから、若い女性の間で広がっている。”


ものです。


私はエクステは未経験なんですよね。


友人からも勧められたりしましたが、
施術の時間と費用を考えるとどうも尻込みしちゃってふらふら


なので、自まつげの量を増やせる、まつげを長く伸ばすことができるという、まつ毛美容液「リバイタラッシュ」を知った時は、本当にうれしかったです。


また、これがしっかり効果があるからねグッド(上向き矢印)


こちらにまとめて関係サイトのリンクをはっておきますので
ご参考までに。


ひらめき日本ロングアイラッシュ協会
http://www.long-eyelash.jp/


ひらめき日本睫毛エクステンション協会
http://jl-matuge.com/
※研修、セミナーなどの啓蒙活動を行っています。


ひらめき東京都生活文化スポーツ局報道資料
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2008/02/20i2l600.htm
※おそらく今回の記事の元となった報道向け発表資料。
被害状況など詳しい情報が載っているので、一度ご覧ください。


まだまだまつ毛美容については、いろいろな情報が乱れ飛びそうです。
多くのブログやニュースサイトでも、警告の記事が書かれています。


カラーコンタクトの常用使用ついても、

『経産省がカラーコンタクト法的規制へ』

という内容の記事が出ていました。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/135532/


いずれにしても、目ヂカラをつけることで、まつ毛や目などに、トラブルが起きてしまっては元も子もありません。


自分自身の体の一部について、多少なりとも手を加えるわけですから、
化粧品の使用についても、美容液の使用についても、エクステの施術についても、自分自身で納得できるだけの情報を集めて、十分注意して利用しましょうね。



人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif

posted by CK at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

女性自身が『まつ毛エクステ「90%は超危険!」−エクステ協会の会長が警鐘!』



jyoseijishinn.jpg

女性自身 3月11日発売号(2008年03月25日号)

まつ毛エクステ「90%は超危険!」
−エクステ協会の会長が警鐘! 



今度はエクステが危険という記事です…もうやだ〜(悲しい顔)


2008年3月26日付のヤフーニュースにも

『まつ毛エクステ、目のトラブル急増 角膜に傷、炎症に 視力低下や失明も』

なんて見出しで記事が取り上げられました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080326-00000939-san-soci


さてさて、女性自身の記事ですが、
日本睫毛エクステンション協会の富島伸英会長が、

『まつ毛エクステ人気を背景に、技術や知識が不足している者が施術するようになっているからです。
現在、まつ毛エクステをしている店舗の90%はきちんとできていない、と見ています』


と、発言したことが取り上げられています。


まつげを豊かに美しく、目ヂカラをUpさせたいと思っている
女性には、なかなか心配なニュースが続きますねたらーっ(汗)


このベースとなっているのが、消費者センターに寄せられた
苦情、相談、報告で、2007年度には前年度の倍に急増し、
症状としては接着剤が原因の角膜炎や、ドライアイ、
まぶたの痛み、まつ毛の損傷などがあるそうです。


ちなみに、まつ毛のエクステンションとは、

『まつ毛エクステとは、エクステンション(人工毛)を1本ずつの接着剤でまつ毛に付けていくもので、従来の人工まつ毛が束になった「付けまつ毛」よりも自然に見え、思い思いにボリュームアップできる。

数年前から若い女性に支持され、07年以降はエステやネイルサロンなどでも施術する店が急増した。』

J-CASTニュースより引用)

というものです。


知らなかったのですが、まつ毛エクステは法的規制が特別なく、極端な話、誰でもやり方を習得すれば施術できるんですね。


ここ数年、たとえばネイルサロンが別メニューとして加えたり、
医師法、薬事法に該当する業種から施術者が流れて、
「専門」外の人が従事するケースが増えているとのこと。


そういうことから、

エクステ協会の会長が警鐘! 

なんて見出しにつながって、記事として取り上げられらようです。


私はエクステは未経験なんです。


友人からも勧められたりしましたが、
施術の時間と費用を考えるとどうも尻込みしちゃってふらふら


なので、まつ毛美容液で自まつげの量を増やせる、
まつげを長く伸ばすことができる、
と知った時は、そりゃあ嬉しかったです わーい(嬉しい顔)


またしばらくまつ毛美容について、騒がしくなりそうですね。


一応、関係サイトのリンクをはっておきますので
ご参考までに。


ひらめき女性自身WEBサイト
http://jisin.jp/pc/top.jsp
※記事の内容が載っているわけではありません


ひらめき日本睫毛エクステンション協会
http://jl-matuge.com/
※研修、セミナーなどの啓蒙活動を行っています。


ひらめき東京都生活文化スポーツ局報道資料
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2008/02/20i2l600.htm
※おそらく今回の記事の元となった報道向け発表資料。
被害状況など詳しい情報が載っているので、一度ご覧ください。


ちなみに、富島会長いわく・・・


『小動物を店で飼っているような店舗や、他業種と併設している店は避けたほうがいいのでは』


どういう意味かはもう一つ測りかねますが、
お心当たりがある方は、ご注意くださいませあせあせ(飛び散る汗)


いずれにしても、目ヂカラをつけることで、まつ毛や目などに、
トラブルが起きてしまっては元も子もありません。


十分注意しましょうね。


人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif

posted by CK at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月05日

まつ毛美容液☆ジャンマリーニの『AIE』のこと

AIE.jpg


【女性セブン 3月13日号】

 君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令



の記事で、FDA(米国食品医薬品局)が回収命令を出したのは、

ジャンマリーニ・スキンリサーチ社が製造した

『Age Intervention Eyelash』

だったのですが、


ジャンマリーニ製品を使われている Cloeさん が、

詳細にわたって調べてレポートしてくださいました。


『Age Intervention Eyelash』

『Age Intervention Eyelash Conditioner』


など、ジャンマリーニ製品を御使用、ご検討中の方は、

ぜひこちらのサイトを御一読ください。


Chloeのハナシ
http://blog.chloe-beauty.com/?eid=682279


・ジャンマリーニ・スキンリサーチ社のリリース情報

・Cloeさんが直接ジャンマリーニ社にメールで直接問い合わせをして得た回答

・FDAのリリース解説



など、おそらくいろいろと不安でいらっしゃる方が
求めている情報が書かれています。


リバイタラッシュのことしかわかりませんでしたので、
私も大変参考になりました。


Cloeさんも記事内で書かれていますが

いずれにしても肌に直接つけるもの。

そして効果があるということはそれだけ何らかの作用を
肌に、人体に及ぼすということです。

その反応は人によって異なりますし、
使用感も異なると思います。

また、いずれも日本ではまだ未認可の化粧品です。
ご自身で判断され、あくまでもご自己の責任において、
使用、あるいは廃棄なさってくださいね。


Beauty&Relaxation Chloe [クロエ]さんは、
浅草駅近くで、アイラッシュ(エクステンション,まつげカール)&
パーマネントメイク(アートメイク)のプライベート・ホームサロン
を、運営されています。


Chloeのハナシ
http://blog.chloe-beauty.com/?eid=682279







posted by CK at 10:26| Comment(2) | TrackBack(1) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月02日

まつげ美容液で失明する?回収命令の記事を読んで。

temp 003.JPG


これが、まつげ美容液を愛用している我々を震撼させた、

【女性セブン 3月13日号】

 君島十和子も愛用超人気まつ毛美容液に「失明」回収指令


の記事でございます。。。


この前の記事に、たくさんの方からコメントや個人的な質問メールを
頂きました。

ご覧いただき、参考にしていただいてありがとうございます。


さて、いただいたメールの中に、

『リヴァイタラッシュを並行輸入販売しているのではないか?』

『失明の可能性がある成分が明記されていなくても、微量の場合は記載しなくてもよいルールがアメリカにはある。微量でも入っているかもしれないし、そうだとしたら失明の可能性があるのだから、使って安全と思わせるような書き方をするのはいかがなものか?』


という内容の匿名メールがございました。

その方に返信したメールの内容を、こちらにも記載したいと思います。


***ここから***


お問い合わせをありがとうございます。

当BLOG「まつげが伸びる!美容液リヴァイタラッシュ体験記」は、あくまでもまつ毛コンプレックスがあった、私本人が使用して感じたことを、体験記録としてまとめて公開しているサイトです。

私は、revitalashの一ユーザーであり、輸入代理店や並行輸入業者とは一切関係がありません。
ハワイに住む友人が日本に帰国する際に、お土産として買ってきてもらって使っています。


今回の週刊誌の見出しには、ユーザーとして大変驚かされ、すぐに雑誌を買い求め、書かれているポイントをブログに記事としてUpいたしました。

同じ不安を持つ人が多数いらっしゃるだろうと、予想されたからです。


週刊誌の記事を読み、ネットでいろいろなサイトに書かれている記事を読みましたが、私自身、その中で初めて知ることが多かったことは事実です。

これだけたくさんのまつ毛の育毛美容液が存在することにも驚きました。

アメリカの薬事法上、化粧品の申請に関しては、多い物質の表示のみで全ての成分を表示しなくても良いとされていることから、リヴァイタラッシュの成分表に書かれていないから大丈夫、ということがないことは理解できます。

ただ、この点につきましては、すでに初代リヴァイタラッシュから改良が加えられたMD(現行)版が、安全性を高めたものであるとの説明を受けております。


私はハワイ在住の友人を通じてこのコスメに出会い、まつ毛が長く豊かになり、あきらめていた目ヂカラUpが可能になったことを、とても嬉しく思っています。

年を重ねてくると、どうしてもまつ毛は弱く少なくなってきてしまいます。
同世代の友人が実践して見せてくれた豊かな自まつ毛に感動しました。私たち世代には特に、このコスメは朗報でした。


ブログには、6カ月間、2本目を使用中で、今のところ違和感や異常を感じてはいない、という実体験のみ記載しています。

ご覧いただいた方に、あとはご判断いただきたいと思っております。
積極的に購入を誘導するつもりはありませんし、ブログもそのような目的で立ち上げたものではありません。


私自身、失明までしてまつ毛を伸ばそうとは思いませんので、今後の使用については、アメリカでの販売状況や今後のメーカー発表を待ち、検討したいと思っています。

決して、リバイタラッシュは指摘された商品と違うから安全です、使いましょう、と奨励しているのではないことを、ご理解いただきたくよろしくお願いいたします。


これからも、表現上問題があるとお感じになられましたら、ご遠慮なくご指摘くださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。


***ここまで***



ご使用を続けるかどうか考えていらっしゃる方、
新たに購入しようと検討されている方、

口コミ情報として、当サイトを御参考に検討していただくのは
WELCOMEでするんるん

でもね、最終的には、今回判明したリスクなどを考慮した上で、ご自身で判断して下さいね。
これは、化粧品をはじめ、自分の体に入れるもの、使うもの全般に言えることでもあります。


皆様のご参考になれば幸いです。




人気ブログランキング参加中手(チョキ)です。

この記事、なかなか良かったよと思われましたら、
ポチっと一票よろしくお願いします。

banner_03.gif












posted by CK at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 個人的にQ&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。